マネージャー日記

  喜怒哀楽溢れる専修大学野球部の日常を更新し、
  練習風景や学校の様子、選手の紹介などを読者の方々にお届けします!
  

9月   September

  

9月18日  選手紹介   神宮 隆太朗


 こんにちは!専修大学野球部4年 神宮 隆太朗です。

1.これまでの大学野球を振り返って

 これまでの大学野球を振り返ってみると、楽しいことや自分の満足いくことばかりではありませんでしたが、多くの仲間に出会い、引退まで1か月を残して人として成長できた4年間でした。最後のリーグ戦は優勝したいと思っていましたが、勝ち点をすでに2つ落としてしまいました。残りの3カード悔いのない大学野球をしたいです。


2.4年生として最後のリーグ戦

 私は試合に出場することはありませんが、チームの勝ちを最優先させ、全力でサポートに徹したいと思います。東都はどのチームも力の差はないと思います。だからこそ、勝敗は裏方の力が必要になり、チームの総合力を高めようと心掛けています。


3.自分のアピールポイント

 ”笑顔”です!!チームの雰囲気が暗くなった時は、活溌溌地で盛り上げています!


4.最後にひとこと

 最後のリーグ戦、悔いのない戦いをしたいです!
 応援よろしくお願い致します!

 

 

9月11日  選手紹介   堀内 雅史


 こんにちは!専修大学野球部4年 堀内雅史です。学生コーチを務めています。

1.これまでの大学野球を振り返って

 1番の思い出は昨年の春、優勝を経験できたことです。1部に昇格して即優勝とういこともあり、チームの勢いもありました。しかし、今年になって自分たちの代では結果を残せていません。33回目の優勝を自分たちの手で掴めるように頑張りたいです。




2.学生コーチになったきっかけ

 今年のチームが本格的にスタートする時期に学生コーチになる決心をしました。高校までは中心選手として表舞台で活躍してきましたが、大学では結果を残せず3年間を終えました。最後のシーズンは自分の成績よりもチームのために活躍したいという思いから決断しました。

3.学生コーチの思い

 選手全員が活躍して、社会人野球やプロへ進んで欲しいと思っています。しかし、130人いる中で全員がベンチ入りをするには現実的に不可能です。それでも、選手たちにはレギュラーを目指し、切磋琢磨してほしいと思いながらやっています。


4.最後にひとこと

 ラストシーズン、最後までやり遂げたいと思います!