マネージャー日記

  喜怒哀楽溢れる専修大学野球部の日常を更新し、
  練習風景や学校の様子、選手の紹介などを読者の方々にお届けします!
  

8月   August

  

8月 23日  石田 鴻太


 こんにちは!専修大学野球部3年 石田鴻太です!

1.秋のシーズンへ向けて

 春のリーグ戦では出場機会が少なく、まだまだ力不足であると感じました。秋のリーグ戦へ向けて自分に足りないところを強化していき、1試合でも多くいただいたチャンスを生かしていきたいです。また、秋は自分自身にとって重要なシーズンになると考えます。来年を見据えた戦いをしなければならないでしょうし、選手一人一人、そしてチーム全体にとっても結果が求められると思います。


2.将来、どんな選手になりたいか

 理想像は青木宣親選手です。卓越したミート力で安打を量産し、2ストライクに追い込まれても臆することなく自分本来のスイングができる選手になりたいです。守備や走塁では俊足を生かしたプレーを心掛けています。例えば、凡打を打ったとしても全力で1塁ベースまで駆け抜け、内野安打にするといった相手にとって脅威となる選手を目指しています。

3.自分のアピールポイント

 打撃力です。決して長打を多く放つタイプではありませんが、低めのボールも強く弾き返します。また、チャンスにめっぽう強いので、試合を決める一打に注目してください。


4.最後に一言

 チームの優勝に貢献できるように頑張ります!
 暖かいご声援よろしくお願いいたします。











8月 12日   金子 直登


 こんにちは!専修大学野球部2年 金子直登です!

1.秋のシーズンへ向けて

 私の目標はリーグ戦で活躍することですが、まずはベンチ入りを目標に取り組んでいきたいと思います。秋は1試合でも多くベンチ入りできるように、練習から自分の力や持ち味をアピールし、チャンスを掴みたいです。この秋は何か自分自身にとって刺激のあるシーズンにしたいです。



2.将来、どんな選手になりたいか

 私は誰からも信頼される人物になりたいです。投手は試合の勝敗を大きく左右します。チームの仲間は投手の重要性を十分わかっていますし、その分、投げる側は周りから信頼されなければならないと考えます。実力よりも練習に取り組む姿勢や私生活から模範となれるように気をつけています。また、チームの中でも明るい性格だと思うので、自分が試合に出場していなくても活気ある雰囲気を作れるムードメーカーになりたいです。

3.自分のアピールポイント

 私の持ち味はストレートです!思いっきり腕を振り、相手に投げ込んで三振を打ち取るところを見ていただきたいです。力では負けない自信があるので、ガチンコ勝負にこだわっています。

左:秦   手前:砂田   中:金子   右:羽毛田

4.最後にひとこと

 早くチームの戦力として貢献できるように頑張ります!
 暖かいご声援よろしくお願いいたします!

8月 11日   久保木 将貴


 こんにちは!専修大学野球部2年 久保木将貴です!

1.秋のシーズンへ向けて

 私たちの目標は”日本一”です。春はリーグ戦5位に終わり、目標には遠く及びませんでした。秋は少しでもチームの勝利に貢献できるように頑張りたいです。まだ、私は2年生ですが来年、再来年は試合に出場して活躍できるように努力を積み重ねていきたいです。


2.将来、どんな捕手になりたいか?

 投手から信頼される捕手になりたいです。捕手の力量によって投手の良さを引き出せる半面、良さを殺してしまうこともあります。味方の投手の良さを引き出し、パフォーマンスを向上させることができるようなリードや声掛けをしたいです。もっともっと野球について深く学び、自らの引き出しを増やしていきたいです。

3.自分のアピールポイント

 私は野球の技術云々よりも何事もくじけず、自分がやると決めたことは最後までやり遂げることができます。それが、私の強みであると思います。捕手の練習は正直、苦しく、しんどいです。でも、そこで負けたら何も残らないと思います。大学野球をやると決めて専修大学を選んだので、思い残すことなく全力プレーし続けていきます。


4.最後にひとこと

 昨年も後輩たちが甲子園で頑張っていました。私も後輩たちに負けないように頑張ります!応援よろしくお願い致します!


8月 8日   夏井 正文


 こんにちは!専修大学野球部2年 夏井正文です!

1.秋のシーズンへ向けて

 秋のリーグ戦はベンチ入りを目指して残りの日数を頑張りたいです。私は入学して以降、試合経験も浅く、リーグ戦も経験したことがありません。今秋は自分自身にとって良い通過点となるシーズンにしたいです。もし、ベンチ入りできなかったとしても、試合を観て何を学ぶかが大切だと思います。また、私たち2年生にとって大学野球の折り返し地点でもあります。収穫あるシーズンにしたいです。



2.将来、どんな選手になりたいか

 相手の考えていることを感じ取ったり、洞察力が鋭い選手になりたいです。ピッチャーとバッターのような1対1の勝負では、技術だけではなかなか相手に勝つことができません。勝負の中には相手との駆け引きや心理戦があります。相手の心理状態を読み取り、何を考えているのか察することで自分の有利な状況に引き込める余裕のある選手になりたいです。このような力を養うために、普段から気づきを大切にして行動しています。

3.自分のアピールポイント

 私のアピールポイントは元気です。1日の練習で自分のエネルギーをすべて使い果たすつもりで毎日、声を出しています。自分の元気でチームを活気付け、この夏の暑さを乗り越えていきたいです。


4.最後にひとこと

 ぶっ倒れるまで頑張ります!応援よろしくお願い致します!

8月 5日   小北 大成


 こんにちは!専修大学野球部2年 小北大成です!

1.秋のシーズンへ向けて

 大学に入学してから3シーズンが終わりました。ここまでを振り返ってみるとずっと怪我続きでなかなか思うように野球ができない日々が続いていました。ようやく怪我の状態がよくなり野球ができるようになった今、野球ができる喜びを感じ、周りの方々への感謝の気持ちを忘れずに取り組んでいきたいです。1試合でも多くベンチ入りを目標とし、今しかできない経験をこの秋できるように頑張ります!


2.将来、どんな選手になりたいか

 私は高校時代からずっと怪我と隣り合わせでした。その時に、親をはじめとした周りの方々の支えがあり野球ができているんだと感じました。苦しい思いをしてきたからこそ初心を忘れないプレーヤーでありたいと思います。プレーでは粘り強く、守備でも打撃でも一球に喰らいつき相手に嫌がられる選手になりたいです。

3.自分のアピールポイント

 私のアピールポイントは守備です。守備に関しては誰にも負けたくありません。まだまだ力不足ですが、チームで1番と言われるまで努力します。また、私は特に足が速いわけでもなく守備範囲が広いわけではありませんが、1歩目の反応や打者によって守備位置を変えたり、細かいところを大切にしているところが強みです。派手なプレーはありませんが、ガッツあふれる泥臭いプレーを見てください!


4.最後に一言

 同じ天理高校の福永、大橋に負けないように頑張ります!
 暖かいご声援よろしくお願いいたします!

8月 4日   辻 太郎


 こんにちは!専修大学野球部2年 辻太郎です!

1.秋のシーズンへ向けて

 春のシーズンは出場機会が一切なくバッティングピッチャーなどチームのサポートをすることしかできませんでした。チームの試合を振り返ってみるとピッチャー陣が崩れる試合が多く、悔しいシーズンでした。秋こそは自分が試合に出場し、チームに少しでも貢献できるように練習からしっかり取り組み、オープン戦で結果を出していきたいです。


2.将来、どんな投手になりたいか?

 試合の終盤、勝敗を分ける大事な場面で使ってもらえるような投手になりたいです。チームから絶対的な信頼を置かれ、こいつなら任せられるという存在になりたいです。また、日によって調子のムラがなく、調子が悪い時でも悪いなりに安定したピッチングをするのが目標です。

3.自分のアピールポイント

 制球力が持ち味です。日々の練習のあらゆる場面から自分の長所を磨くように努めています。野球以外でも、”人間性”という部分では先輩、後輩関わらず慕われる存在です。

 左:辻   中:金子   右:秋葉

4.最後にひとこと

 チーム一丸となり、秋は日本一目指して頑張ります。応援よろしくお願い致します!



8月 3日   川端 敬人


 こんにちは!専修大学野球部2年 川端敬人です!

1.秋のシーズンへ向けて

 夏休みが始まり100%野球に打ち込める時期になりました。1か月後に控えた秋のリーグ戦に向け、チーム一丸となって練習に取り組んでいる今、少しでも優勝、日本一に貢献できるように頑張ります。その中でも決して個人練習を怠らず自分に足りない力を一つずつ埋めていきたいです。



2.将来、どんな捕手になりたいか

 ピッチャーが誰にボールを受け取ってほしいか考えたときに、1番最初に自分の名前が出てくる捕手になりたいです。そのためには、キャッチングはもちろんのこと構え方やピッチャーとのコミュニケーション、返球までこだわっていきたいです。自分の実力はまだまだ未熟なので1日でも早く試合に出場し、日々、理想とする選手像に近づいていければと思います。


3.自分のアピールポイント

 自分の最大のアピールポイントは元気の良さと何事も最後までやり抜く根性です!それは高校時代から意識して取り組んでいます。練習がきつい、疲れた、暑い、それらの理由を言い訳にして妥協せず、最後までとことんやり抜きます。


4.最後に一言

 いま、この過酷な環境があるからこそ日本一になる資格があると思います。全員で、全力で頑張ります。暖かいご声援よろしくお願いいたします!




8月 2日   進藤 光佑


 こんにちは!専修大学野球部2年 進藤光佑です!

1.秋のシーズンへ向けて

 春を振り返ってみるとレギュラーの先輩の後についていくのが精一杯で自ら働きかけることができませんでした。これらの反省から秋に向けて主体性を持って動き、チームの戦力となれるように頑張ります。私は2年生であり昨年の優勝したチームを知っています。今のチームに欠如しているところを考え、常に上を目指して練習に取り組んでいきたいです。



2.将来、どんな選手になりたいか

 守備においては自分のところへ打球が飛んで来たら、味方の誰もが安心するような信頼される選手になりたいです。体は決して大きくありませんが、小技が使える、相手を嫌がらせることができる選手を目指しています。

3.自分のアピールポイント

 堅実な守備がアピールポイントです。一見つまらないように感じてしまう基本的な練習から高い意識を持って取り組むようにしています。これからも日々の1球を大切にしていきたいです。


4.最後に一言

 秋は春のような悔しい思いは絶対にしたくありません。優勝目指して頑張ります。
暖かいご声援よろしくお願い致します!

8月 1日   平野 将希


 こんにちは!専修大学野球部2年 平野将希です!

1.秋のシーズンへ向けて

 今日から8月です。秋のリーグ戦まで残り約1か月となりました。心身ともに精一杯打ち込み、春のリーグ戦で果たせなかったベンチ入りをしたいです。練習中でも私生活でも”今、できること”を探して日本一に繋がる取り組みをしたいです。


2.将来、どんな捕手になりたいか?

 元中日ドラゴンズの谷繁選手のような捕手になりたいです。キャッチングもリードも上手になれば、投手の能力を最大限に生かせると思います。まだまだ、未熟なので1日1日を大切にしていきたいです。

3.自分のアピールポイント

 自分は肩力に自信があるので最大限に生かし、盗殺を狙っていきたいです。あとは、元気と明るさです。捕手は元気を出して誰よりも目立たないといけないと思います!8月の暑い練習は元気MAXで乗り越えます!


4.最後にひとこと!

 キャッチャーの練習はきついです。けれど、その辛い思いがすべて自信に繋がるのでもっともっと練習して正捕手を目指したいです。暖かいご声援よろしくお願い致します。