投手   捕手   内野手   外野手   学生スタッフ

部長 加藤 茂夫  Shigeo Kato


 1947年1月20日、北海道札幌市生まれ。札幌東高校から専修大学経営学部へ進学。
大学では経営組織論を学び、明治大学大学院へ進学。卒業後は千葉経済短期大学へ就職。その後、専修大学経営学部に奉職し、現在に至る。その間、経営学部長、日本マネジメント学会会長を歴任。

 著書:良い経営者できる管理職育つ社員  白桃書房
    心の見える企業  泉文堂
    バルーン型組織とベンチャー企業  泉文堂   等がある。

監督 齋藤 正直  Masanao Saito


  1960年4月3日、秋田県にかほ市生まれ。
秋田高校から専修大学に入学し1年次春季リーグ戦より4番打者を務める。東都リーグでは3年次秋と4年次秋に優勝(ベストナイン2度受賞)。81年には明治神宮大会準優勝。
83年に川崎製鉄千葉に入社。同野球部(JFE東日本)では、現役12年間で都市対抗野球大会9回出場。94年11月には監督に就任し、在任4年間で都市対抗3回出場(準優勝1回、ベスト4に2回)、社会人野球日本選手権ベスト4。その後、日本野球連盟競技力向上委員、日本オリンピック委員会強化スタッフを務めた。
  2014年から専修大学野球部監督に就任。

著書:野球ステップアップシリーズ バッティング編
                 戦略・戦術編
                
   野球強打者になるバッティングドリル 差がつく練習法
                 ベースボールマガジン社


ヘッドコーチ 長谷髙 成泰  Nariyasu Hasedaka

 1968年7月20日、大阪府出身堺市生まれ。
 明徳義塾高校から専修大学に入学し、東都リーグでは、2年次に第17回日米大学野球日本代表となり優勝、3年次には東都大学野球春季リーグ戦優勝、第38回全国大学野球選手権大会準優勝、第18回日米大学野球日本代表。
 いすゞ自動車に入社、現役12年間で都市対抗野球選手権大会10回出場、優勝3回、第73回都市対抗野球選手権大会優勝(橋戸賞、首位打者賞受賞)、2002年ベストナイン二塁手受賞。
 2014年から専修大学ヘッドコーチに就任。




ピッチングコーチ 藤田 康夫 Yasuo Fujita

 1950年11月11日、千葉県成東町生まれ。
 成東高校から中央大学へ入学。東都リーグでは2年次秋と4年次春に優勝(最高殊勲選手賞、最優秀投手賞、ベストナイン受賞)。70年明治神宮大会ベスト4、72年全日本大学野球選手権ベスト4。72年、第1回日米大学野球日本代表となり優勝。
 日産自動車に入社、同年、都市対抗野球選手権大会準優勝、都市対抗には現役8年間で6回出場した。引退後は、日産自動車や中央大学コーチを務めた。
 2014年から専修大学ピッチングコーチに就任。

著書:野球ステップアップシリーズ ピッチング編
       株式会社ベースボール・マガジン社


捕手担当コーチ 吉田 鉄平 Teppei Yoshida

 1981年11月30日、大阪府生まれ。
滝川第二高校では捕手としてプレーし、第71回選抜高等学校野球大会出場、第81回全国高等学校野球選手権大会ベスト8。
 その後、専修大学へ進学し、卒業後は(株)アシックス入社。プロモーションスタッフとして当時シアトルマリナーズのイチロー選手の専属担当として月1回の渡米を5年間。国内では中日ドラゴンズを5年間担当。
 2009年より専修大学コーチ就任。